第8回朝香伝統木版画教室作品展のご案内


第8回朝香伝統木版画教室作品展のご案内

さて、本年度も朝香伝統木版画教室の作品展を開催致します。

今回のDMは、Iさんの作品「秋田竿燈まつりの宵」より作成致しました。宵闇に浮かび上がる鮮やかな竿灯の色彩、提灯や観客などが細かく彫り上げられた素晴らしい作品です。こちらの作品も展示致しますので、ぜひ観にいらして下さい。

皆様のお越しを心よりお待ちしております♪

第8回朝香伝統木版画教室作品展

2018年10月16日(火)-10月21日(日)

11:00-18:00(但し最終日は16:00迄)

GALLERY KINGYO

〒113-0022
東京都文京区千駄木2-49-10

東京メトロ千代田線根津駅1番出口より徒歩7分

Posted by:

Shiba

作品摺り

川名さん


前回、作品作りの地墨彫りを紹介しました川名さん。間透きを終え、見事に彫り上がりました。

山桜の堅い木で素晴らしい細い線を彫り上げ、校合摺りに入りました。

私もあまりにも切れ味の良い線を彫り上げたため歓心をしておりましたが、本人も大変喜んでおられました。


IMG_0108
IMG_0110
IMG_0112

オードリーさん


フランスから来られたオードリーさんは英語の教師をされながら木版画に興味を持ち、私の教室に来られるようになりました。

練習彫り、稽古彫りを地道に彫り上げ、廣重の牡丹の図の作品んい取り組みました。

基礎を地道に着実に取り組んだだけの事はあり、初めての作品とは思えないほど見事に仕上がってます。

一文字ぼかし、当て無しぼかし、片刷毛ぼかし、そしてきめ出しを駆使し、本格的な作品となりました。

職人もビックリ!!!


IMG_0116
IMG_0115
IMG_0117

木村さん

退職され、新たに木版画を初めたいと1月に来られた木村さんは、練習彫りを終え、作品作りに入りました。

マイペースでのんびりと進めたいと、来年の干支、亥の年賀状に取り組んでおります。

初めに持参された絵は筆書きではないため、北斎や廣重の線ではないため、筆表・筆裏の線描きからチャレンジすることになりました。

何とか小刀も終え、丸ノミに入りました。


マグダレナ

初めて来られたマグダレナさんは、浮世絵の基本を勉強したいと練習彫りから入りました。

摺りの基本は(地墨摺り、ぼかし摺り等)後回しにして、浮世絵の細い線を彫ってみたいと真剣に取り組んでおります。


高橋さん

最近来られた高橋さんは、とても絵が上手で、筆で浮世の様な美人画、人物画を描いておられます。

自ら描かれた絵を木版画作品として作りたいと、摺りをせず、彫りの基本から入りました。

皆さんと同じく、裏小刀・表小刀と職人と同じ道具でチャレンジしております。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/


Posted by:

Shiba

稽古彫り、作品作り

加藤さん

北斎の富嶽百景を見事に彫り、摺り上げた加藤さんは、次の作品作りの前に稽古彫りに取り組むことになりました。

今日は基本となる見当作りに挑戦中です。

差し金と罫引きノミを使い、版木の右下に筋を入れ、彫り上げていきます。


川名さん

毎日サンデーの川名さんはご自宅で新しい作品を作り上げ、教室では彫り方の基本を勉強しておられます。

小刀の幅、角度、研ぎ方に気を付け、切れ味の良い線が彫り上がってきてます。

あと数年で個展が出来るほど素晴らしい作品ばかりです。


充彦さん

次々と作品作りに取り組む充彦さんは、私の教室では基本となる難しい稽古彫りに取り組んでおります。

小刀、丸ノミ、惣合ノミ、四分ノミを終え、小惣合ノミに入りました。

山桜の堅い木では、駒透きでは滑るため、小惣合が大事です。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

練習彫り、作品摺り

佐知子さん

おばあちゃんが鎌倉彫りをやっておられ、素晴らしい道具が沢山あるため、何とかこの道具を活かしたいと私の教室に来られました。

おばあちゃんがかなりの情熱家で道具は錆一つなく、見事に手入れがなされていました。

佐知子さんもその心意気で木版画を頑張って頂きたいです。

まず初めは小刀の使い方の基本の裏小刀・表小刀から練習彫りに入りました。


渋谷さん


渋谷さんは色版の間透きを終え、2色の掛けあわせの版が出来上がりました。

いよいよ試し摺りです。

重ね摺りではオレンジ色を出したいため、紅の上に黄色の版を重ね、挑戦することになりました。


IMG_0096
IMG_0097

綿谷さん


前回の作品に続き、今回も抽象画に取り組む綿谷さんは、地墨線・色版を彫り上げ、摺りに入りました。

今回もぼかしの妙技に取り組んでおります。

浮世絵に見る一文字ぼかし、当て無しぼかしを駆使し、素晴らしい作品になりつつあります。

仕上がりが楽しみです。


IMG_0098
IMG_0099

木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

作品制作

渋谷さん

初めての作品で見事、細い線の地墨を彫り上げた渋谷さんは、色版に取り掛かりました。

小刀、丸ノミを終え、惣合ノミに入りました。


川名さん

小学生の頃から木版画が大好きで、年賀状を作ってきましたが、マツムラさんの紹介で、私の工房に来てからは、練習彫り、稽古彫りを終え、山桜の堅い木で細い線の作品作りに取り組んでおります。

小刀を終え、丸ノミに入りました。


加藤さん

昨年、木版画を始めたいと私の教室に来られた加藤さんは、練習彫りと稽古彫りを超スピードで仕上げ、作品作りに入りました。

浮世絵の線では特に難しい富嶽百景の二図を彫り、摺り上げ、さらに上達を目指し、細かい文字に取り組んでおります。

この文字は楷書、行書、草書の基本の文字が沢山有り、根気よく全てご自宅で小刀を入れて来られ、丸ノミ・小惣合に入りました。

浮世絵の線は各絵師が筆で描かれているため、彫師は文字の彫りから入ります。

作品作りも見事ですが、この基本の文字彫りも完璧に近い彫を進めており、今後が楽しみです。


千陽さん


木版画が大好きで、今年の3月に来られた千陽さんは、近々関西に引っ越すことになりました。

ハイスピードで練習彫りを終え、作品作りに取り組んでおります。

初めての作品にしては見事に細い線の地墨線を彫り上げ、校合摺りに入りました。

*校合摺りの紙は厚い和紙と薄い和紙を布海苔で合わせたもので、摺る前に裏冗面(うらじょうめん)をかけ、貼り伸びしにくい様に事前に用意をしておきます。

 


IMG_0032
IMG_0031
IMG_0039


木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

作品完成!

マイケルさん



マイケルさんの最終日が来ました。先週に続き、自分の作品の摺りです。

一種類の版木で朝の景、昼の景、夜の景と、吉田博先生に負けないような素晴らしい作品が出来上がりました。

彫りの技術も良かったですが、摺りの技術は最高でした。

マイケルさん、お疲れさまでした。

ブラボー!マイケル!


IMG_2557
IMG_2558
IMG_2559

Posted by:

Shiba

作品・摺り

綿谷さん


綿谷さんは、前回の作品に満足し、第2段伝統木版画の基本の摺りを発揮したく、新しい作品に取り組んでおります。

ビックリしたことに、5月に浮世絵普及活動に行った時、ロンドンのロイヤルアカデミーで綿谷さんの後輩が木版画作品を売っておりました。

帰国後すぐに彼女に報告し、後輩に負けないように素晴らしい作品作りに邁進してくださいと伝えました。


IMG_2551
IMG_2552
IMG_2555

マイケルさん


仕事の関係で日本に来られているマイケルさんは、日本語が出来ませんがルイーズさんの通訳で伝統木版画の基本を勉強されました。

練習彫りに励む中、吉田博先生の作品に感動を覚え、自らの作品も一種類の版木で摺り色を変える技術に挑戦中!


IMG_2550
IMG_2553
IMG_2547
IMG_2549

木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

稽古彫り、作品作り

東さん

仕事、仕事で頑張ってこられた東さんは、定年退職後大好きな木版画に取り組んでおられます。

最初は練習彫り、稽古彫りを見事にこなし、半年後の今では自分の好きな作品に挑戦中。

地墨を彫り上げ、色版に入りました。毎日サンデーのため、急ピッチで作品が出来上がっております。


川名さん

昨年、ウッドライクマツムラさんの紹介で来られた川名さんは、小学校の頃から毎年年賀状の木版画を作り続けております。

非常に繊細で、素晴らしい作品ですが、もっと細かく本格的な伝統木版画を作りたいと、私の教室に来られました。

ご自宅でも稽古彫りの毎日です。


佳代さん

佳代さんは、木版画大好きな若者で、始めに来られた時は練習彫り・稽古彫りに励み、それを終えて、日本画の酒井抱一の作品の復刻に取り組みました。

初めは少し心配しておりましたが、一作品作るごとに腕を上げ、大黒天の作品に続き、ミュシャの作品に取り組んでおります。

細い地墨線を見事に彫り上げ、いよいよ丸ノミに入りました。

出来上がりが楽しみです。


雅世さん

練習彫り・稽古彫りを終らせ、作品作りに入っても堅い山桜の版木を見事に仕上げ、繊細なシャープな線を彫り上げてきました。

今回の作品は廣重の名所江戸百景の中でも有名な「須崎百万坪」をオリジナル版画と同じ大錦判で取り組むことになりました。

この図は非常に細い線が多く大変な彫りですが、見事に彫り進めております。


Hさん

今年になって関西に引っ越しが決まったHさんは、私の教室に来られる時間が決まっておられますので、練習彫りを終え、すぐに作品作りに入りました。

素質のあるHさんは、ほとんどミスがなく、丁寧に彫り進めております。

もうすぐ小刀を終え、ご自宅で丸ノミに入ります。


ルイーズさん

欧州での浮世絵普及活動32日間は、私の通訳も含め、ルイーズさんのお陰で大成功で終えました。

再来月よりはアメリカの美術大学教授になることが決まり、日本を去ります。その前に教材としての作品作りに余念がありません。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

海外ワークショップ15inイギリス~最終日



イギリス最終日は、ルイーズさんの実家、ブライトンにある博物館でのワークショップです。

この博物館は、益子焼の栃木県と姉妹都市であり、私が来る少し前に市長が来られたそうです。

日本の伝統である浮世絵木版画に深く興味を持たれ、毎年来てくださいと館長よりお誘いがありました。

活字文化の伝統あるこの博物館は、イギリスでも由緒あるところです。

何とか時間を作り、再びブライトンに赴きたいと思いつつ帰国の途につきました。


IMG_8168
IMG_8175
IMG_8170
IMG_8188
IMG_8192
IMG_8190
IMG_8210
IMG_8215
IMG_8213

Posted by:

Shiba

海外ワークショップ14inイギリス



今日も3年前に行ったロンドンの美術大学に来ました。

この大学も素晴らしいアーティストが多く、教授を中心に浮世絵木版画の伝統を伝えることができました。1日コースですが、見事な木版画が出来上がりました。


IMG_8109
IMG_8112
IMG_8115
IMG_8113
IMG_8120
IMG_8143
IMG_8141
IMG_8138
IMG_8130
IMG_8129
IMG_8128
IMG_8127
IMG_8126
IMG_8125
IMG_8144
IMG_8148
IMG_8164
IMG_8135
IMG_8133
IMG_8161
IMG_8160
IMG_8159
IMG_8157
IMG_8155
IMG_8162
IMG_8153
IMG_8152
IMG_8150
IMG_8147
IMG_8145

Posted by:

Shiba

海外ワークショップ13inイギリス



今日は、イギリスでも有名な美術大学に来ました。

2日コースのワークショップです。

生徒さんは大学の教授、講師を中心に大学院生でした。

描いて来られた絵も素晴らしく、時間の関係でかなり削除して木版画制作に取り組んでいただきました。

それでもこのような短時間で、見事な作品が出来上がりました。


IMG_2430
IMG_2436
IMG_2444a
IMG_2447
IMG_8047
IMG_8053
IMG_8050
IMG_8049
IMG_8059
IMG_8073
IMG_8064
IMG_8063
IMG_8061
IMG_8089
IMG_8078
IMG_8072
IMG_8094
IMG_8062
IMG_8096
IMG_8060
IMG_8084
IMG_8070
IMG_8057
IMG_8068
IMG_8058
IMG_8066
IMG_8082
IMG_8097
IMG_8095

Posted by:

Shiba

海外ワークショップ12inイギリス



次の日はロイヤルアカデミーでお会いした画廊の社長の自宅お招きいただき、そこの大きなアトリエで北斎の神奈川沖浪裏の摺り実演と、ぼかし摺りの体験のワークショップを行いました。

家の周りは広大な草原が広がり、全て彼女の土地でビックリいたしました!

ワークショップえお終え、手作りの夕食をいただきましたが、欧州に来て1ケ月弱…とても美味しい食事に涙が出ました(笑)


IMG_2400a
IMG_7999
IMG_8001
IMG_8000
IMG_8003
IMG_8004
IMG_8006
IMG_8007
IMG_8012
IMG_8015
IMG_8014
IMG_8023
IMG_8027
IMG_8026
IMG_2414
IMG_2420

Posted by:

Shiba

海外ワークショップ11inイギリス



次の会場はブリストル近くの田舎町です。

ワークショップ会場は、協会横の集会場とのことで、探しましたが見つかりません。

なんと、ワークショップ会場は田舎町の皆さんに愛される教会のことでした。

この会場は、まさに田舎の集会場で、皆さんが町内のコミュニティの場でした。

この会場はかなり暗い場所でしたが、スッポトライトで手元を照らし、細かい作業も見事進めることが出来、素晴らしい作品が出来ました。


IMG_2380
IMG_2392
IMG_2398
IMG_2386a
IMG_2388a
IMG_2392
IMG_7944
IMG_7955
IMG_7963
IMG_7964
IMG_7968
IMG_7973
IMG_7977
IMG_7979
IMG_7982
IMG_7987
IMG_7985
IMG_7992

Posted by:

Shiba

海外ワークショップ10inブリストル



今日はイギリスの西のはずれから車を走らせ、ブリストルに着きました。

ブリストルも3年ぶりです。

前回お会いしたアーティストとの再会もあり、心弾ませ作品作りに汗を流しました。

皆さん、時間のない中、見事に摺り上げ、再び感動の作品ばかりでした。


IMG_2361
IMG_2363
IMG_2364
IMG_2376a
IMG_2366a
IMG_2375a
IMG_7897
IMG_7909
IMG_7907
IMG_7905
IMG_7904
IMG_7903
IMG_7899

Posted by:

Shiba

海外ワークショップ9inイギリス



今年の初めに、茨城県の英語教師が私の工房を訪ねて来ました。

彼はイギリスの西のはずれで生まれ、日本で木版画の勉強をしていました。

イギリスに来られるなら是非、田舎ですがコーンワル州に来てくださいとお誘いがあり、ブライトンからレンタカーを借り、半日かけてやっと帰国している彼の工房に着きました。

本当に木版画が大好きで、作業台も全て手作りで、私が訪ねてると大喜びで生徒さん達と一緒に浮世絵の勉強と共に、作品作りに汗を流しました。

私も彼の情熱に感動し、再び訪ねたいと想い出を残し、次の会場に移動しました。


IMG_2339
IMG_2342
IMG_2344
IMG_2346
IMG_2351
IMG_2352a
IMG_2353a
IMG_2354a
IMG_7864
IMG_7863
IMG_7848
IMG_7850
IMG_7861
IMG_7859
IMG_7858
IMG_7856
IMG_7853
IMG_7865

Posted by:

Shiba