練習彫り

トミさん


仕事絵を終え駆けつけて稽古彫に励むトミさんは、前回に続き、朴の木の稽古彫に取り組んでおります。

浄瑠璃文字も難しいですが、四角丸点もかなりの技術を要すため、悪戦苦闘しています。


DSCF5830
DSCF5829

岡さん


前回に引き続き、新バージョンの練習彫りに励む岡さんは、小刀の深さの確認のため、間透きにも挑戦中です。

浮世絵大好きな岡さんは、理論的にも素晴らしいものがありますが、彫りの具体的な進め方を復習して、パソコンで手ほどきをまとめておられます。

なかなかできないことですが、将来的には浮世絵の基本的な彫りの教科書が出来そうです。


DSCF5832
DSCF5831

武田さん


地道に着実に作品作りに取り組む武田さんは、先月の作品展では千社札(二丁札)神奈川・川崎を見事に彫り上げ、一文字ぼかし・片刷毛ぼかしを駆使した作品は、先月の作品展では、佳作に選ばれました。

また、四国出身のため同郷の坂本龍馬も見事に力強く作りあげ、同じく佳作を取られました。

前回より、次の作品(来年の酉の年賀状)を描き終わり、早速彫りに入りました。私の教室では一番乗りです。


DSCF5834
DSCF5833

真理子さん


弟子の真理子さんは、相変わらず難しい稽古彫に取り組んでおります。一本一本の細い線を、息を止めて彫り進めており、乱れも少しずつですがなくなってきました。

ずっといきを止めると死んでしまうため、休み休み息をするように忠告してます(笑)


DSCF5836
DSCF5835


木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply