練習彫り

木村さん

明年の亥の年賀状に取り組む木村さんは、地墨(骨)線を彫り上げ、校合摺り、色分け、色注しを終え、色版の彫りに入りました。


栢木さん

最近来られた栢木さんは、以前、木版画の経験があり、初めての練習彫りもスムーズに彫り上げ、裏小刀の最後の円の間透きに入りました。


北村さん


IMG_0323
IMG_0324
IMG_0325
IMG_0326
IMG_0327

先月の第八回朝香伝統木版画教室作品展では、「文楽 梅川」の図が見事、優秀賞に輝いた北村さんは、もう一手間加えたいと、艶墨のところの正面摺りを彫ることに決めました。

初めての経験のため、最初からどのように摺れば正面摺りが出来るかやり方を教わり、取り組むことにしました。

湿した和紙で摺りあがった作品を、ボール紙で乾かした後、数ミリ縮んだ作品を、左見当で山桜に貼り込み、正面摺りの版木を作り上げます。

 


木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply