練習彫り、作品作り

綿谷さん

作品展も大成功に終え、原点に戻り稽古彫に励んでいる綿谷さん。

シナベニヤを完璧に彫りこなし、いよいよ朴(ほう)の木に挑戦中です。朴の木は木版画によく用いられましたが、昔からまな板や下駄に使用され、筋張っているため、なかなかスムーズに彫れなく、少し苦労しているみたいです。


充彦さん

作品展では畳半床敷の大きな作品を見事に完成させ、大好評を得た充彦さんは、私の教室では基本の彫りに徹してます。

今までシナベニヤしか彫ってきませんでしたが、何としても細い線を彫りたいと、朴(ほう)の木に挑戦中です。

持ち前の器用さで、容易く細い線を仕上げています。



裕美さん

昨年のアメリカ浮世絵普及活動では、弟さん夫婦ともどもお世話になった裕美さん。

サンフランシスコのユカヤのアトリエでは素晴らしい作品を作り上げ、今また来年の年賀状の可愛いワンちゃんに挑戦中です。

子供向けの本を編集しているため、本当にかわいいワンちゃんですので出来上がりが楽しみです。




木版画って本当に楽しいですね~\(^o^)/☆彡

Posted by:

Shiba

Leave a Reply