練習、稽古彫り、作品作り

青島さん

前回に続き練習彫りに励む青島さんは、裏小刀を終え、表小刀の最後の丸の彫りに入りました。

浮世絵の彫りでは昔から、直線が少ないため、浄瑠璃文字や、丸彫りを稽古します。


高橋さん

自ら描かれる美人画を復刻したいと来られた高橋さんは、山桜より柔らかい朴の木で稽古彫りに励んでおられます。特に漢字の文字では、草書、行書、楷書文字の基本が大事です。


谷口さん

前回に続きステンドグラスの作品に取り組む谷口さんは、地墨線の小刀彫りを終え、最後の間透きに入りました。


木村さん

前回に引き続き、山の風景画に取り組む木村さんは、細い線の多い作品で悪戦苦闘してますが、最後の間透きに入りました。


藤井さん

前回の作品展で最優秀賞に輝いた藤井さんは、今回も前回以上に素晴らしい作品を作り上げるため、大錦判より一回り大きい作品に挑戦中です。

浮世絵の基本は大錦判(1尺3寸×9寸)で作り上げるのが基本です。

それは彫る技術、摺る技術の事を考え、最高の作品を作るためにはなの本来、大錦判がベストなのですが、藤井さんは敢えてさらに大きな作品に挑戦中です。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply