校合(きょうごう)摺り

佳代さん



作品の地墨(骨)線が彫りあがり、次は色版制作に入ります。

その準備として必要な枚数の校合摺り(摺り返し)を行い、それぞれに色を注していきます。

校合摺りで初めて自分がどのように彫れているかを確認できるため、ドキドキと緊張の瞬間ですね。

 

思うように彫れたいましたか?(^^)

 

 

木版画って本当に楽しいですね~\(^o^)/☆彡

Leave a Reply