稽古彫り、及び作品作り

長さん


35年前に京都で木版画を始めたれた長さんは、子育てが一段落して再び木版画を始めることになりました。

今回は、簡単な練習彫りを終え、難しい稽古彫に入りました。山桜の堅い木の前に、少し柔らかい朴の木で取り組むことになりました。

小刀を終え、丸ノミを終え、惣間ノミに入りました。


DSCF5918
DSCF5917

藤井さん


前回の作品展では、総合優秀賞に輝いた藤井さんは、意欲満々、新しい作品の絵を描き上げ、細い線が集合した地墨線を彫り上げてきました。

私の教室では丸ノミの基本を勉強したいと順目で彫る丸ノミに取り組んでおります。



DSCF5920
DSCF5919

谷口さん


前回の作品展では素晴らしいお雛様を作り上げた谷口さんは、次の作品に入る前に原点に戻り、稽古彫に励んでおります。


DSCF5921
DSCF5922

Aさん


素敵な年賀状を作り上げたAさんは、次の作品に入る前に、皆さんと同じく稽古彫に取り組むことになりました。

小刀を終え、間透きノミに入りました。


DSCF5924
DSCF5923

Oさん


近所にお住いのOさんは、長年の仕事をやり遂げ、老後の楽しみの為、私の教室に来られるようになりました。

目が少し悪いため細い線が見にくいようですが、頑張って練習彫りに取り組んでおります。


DSCF5925
DSCF5926

大畑さん


最近来られるようになった大畑さんは、持ち前の根気良さで練習彫りの細い線を見事に綺麗に仕上げております。


DSCF5928
DSCF5927


木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Leave a Reply