稽古彫り、作品作り

充彦さん

毎回素晴らしい作品を作り上げている充彦さんは、私の教室では、一切作品を作らず、稽古彫りに取り組んでおります。

浮世絵の彫りの妙技を勉強したいと、彫る姿勢、小刀の持ち方等、原点を見つめ、一つずつ丁寧に彫り進めています。


SWさん

次の作品に行くまで、稽古彫に励むSWさんは、難しいデザインの稽古に励んでおります。

この稽古彫りは基本となる小さい丸、大きい丸が並んでいて、裏小刀、表小刀と順番に彫り進めるため、基本の彫りが勉強出来ます。


一美さん

大学で教鞭をとられている一美さんは、生徒に木版画を教えながら、自ら描かれた作品に取り組んでおります。

小刀、丸ノミを終え、惣合ノミに入りました。


川名さん

第二の人生を木版画で中心で頑張っておられる川名さんは、次から次と新作に取り組んでおります。

今度の作品も細い線が多く、素晴らしい作品になっており、出来上がりが楽しみです。

小刀を終え、丸ノミに入りました。


渋谷さん

新しい作品、木蓮に取り組む渋谷さんは、地墨(骨)線を彫り上げ、色版に入りました。

小刀を終え、丸ノミです。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/


Posted by:

Shiba

Leave a Reply