岐阜県 中津川


先月、川瀬巴水の木版画の収集家の友人が浮世絵が大好きな美術館の館長さんと一緒に、私の工房に来られました。

今回、思わぬことに、その方のご尽力により、岐阜県の中津川に行くことになりました。

その場所は東山魁夷・心の旅路館でした。

今回は、40年前に大阪の美術書院のお仕事で、東山魁夷先生の『谿若葉』を木版画で制作した皆さんが集まりました。私も40年ぶりに再会した美術書院の辻社長にお会いして感動の2日間となりました。



IMG_0355
IMG_0356
IMG_0357
IMG_0358a
IMG_0359
IMG_0360

この中津川は、東山魁夷先生が学生時代に写生をした場所です。

東山魁夷先生は40点の版画を寄贈されたため、この旅路館が出来ました。

出版社の美術書院は木版画の順序摺りでは世界で初めての500度摺りと、復刻木版画の版木を寄贈され、今回は歴史に残すため、この制作に携わった主だった方々が集い撮影を行いました。

企画をされたギャラリーIDEA苦楽園の野村社長、美術書院の辻社長、和紙を漉かれた人間国宝の岩野市兵衛さんと息子の順市さん、摺師の上杉猛さん、彫師の伊丹先輩、などが40年ぶりに再会しました。

以下、『谿若葉』順序摺り


順序摺り(一部分)


n1
n12
n2
n3
n4

色分け(一部分)


5
6
7
8
9
10
11

色板(一部分)


1
2
3
4

翌日には、木曽街道六十九次で有名な旅路をめぐりました。

前日には雨が降っていたため、東山魁夷先生の絵の様に、霧のかかった山々が、とても美しかったです。


IMG_0368
IMG_0376
IMG_0378
IMG_0381
IMG_0387

IMG_0397
IMG_0422
IMG_0392
IMG_0386
IMG_0389

Posted by:

Shiba

Leave a Reply