摺り、作品作り

牧山さん


お孫さんの面倒でお忙しい毎日を送られている牧山さんは、初めての作品に、難しい北斎の『赤富士』を選びました。

彫りが完成し、いよいよ摺りに入りました。

地墨を摺り、見当の調整も終わり、色摺りから取り掛かることになりました。始めはベロ藍(プルシャンブルー)、淡い拭き上げぼかしを終え、一文字ぼかし(天ぼかし)に入りました。プロでも2度から3度摺りで、深みのある一文字を摺っていますが、牧山さんも同じく、3度摺りで一文字に取り組んでいます。


IMG_0466
IMG_0469
IMG_0470
IMG_0471
IMG_0472
IMG_0475

北村さん

見事に正面摺りを綺麗に摺り上げた北村さんは、新しく年賀状に取り組むことになりました。

勿論、年賀状も自ら描かれた仏版画です。

雁皮の合わせ紙に印刷し、山桜の堅い木に糊付けし、手擦りに入りました。


東さん

前回の作品展で、初めての作品の猫の絵が奨励賞に輝いた東さんは、細い線の彫りに挑戦中です。

難しい浄瑠璃文字の籠書きの細い線を彫り上げ、惣合ノミに入りました。


森川さん

森川さんも作品展では、淡い絵で素晴らしい作品を作り上げ、努力賞に輝き、さらに彫りを勉強するため、難しい稽古彫りに取り組んでおります。

版木は山桜の堅い木のため、このように細い線が彫り残り、スムーズに稽古彫りが進んでます。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply