作品制作

渋谷さん

初めての作品で見事、細い線の地墨を彫り上げた渋谷さんは、色版に取り掛かりました。

小刀、丸ノミを終え、惣合ノミに入りました。


川名さん

小学生の頃から木版画が大好きで、年賀状を作ってきましたが、マツムラさんの紹介で、私の工房に来てからは、練習彫り、稽古彫りを終え、山桜の堅い木で細い線の作品作りに取り組んでおります。

小刀を終え、丸ノミに入りました。


加藤さん

昨年、木版画を始めたいと私の教室に来られた加藤さんは、練習彫りと稽古彫りを超スピードで仕上げ、作品作りに入りました。

浮世絵の線では特に難しい富嶽百景の二図を彫り、摺り上げ、さらに上達を目指し、細かい文字に取り組んでおります。

この文字は楷書、行書、草書の基本の文字が沢山有り、根気よく全てご自宅で小刀を入れて来られ、丸ノミ・小惣合に入りました。

浮世絵の線は各絵師が筆で描かれているため、彫師は文字の彫りから入ります。

作品作りも見事ですが、この基本の文字彫りも完璧に近い彫を進めており、今後が楽しみです。


千陽さん


木版画が大好きで、今年の3月に来られた千陽さんは、近々関西に引っ越すことになりました。

ハイスピードで練習彫りを終え、作品作りに取り組んでおります。

初めての作品にしては見事に細い線の地墨線を彫り上げ、校合摺りに入りました。

*校合摺りの紙は厚い和紙と薄い和紙を布海苔で合わせたもので、摺る前に裏冗面(うらじょうめん)をかけ、貼り伸びしにくい様に事前に用意をしておきます。

 


IMG_0032
IMG_0031
IMG_0039


木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply