作品制作、練習彫り

高橋さん

先日、アメリカから帰国された高橋さんは、日本画の上手な絵を描かれ、その自ら描かれた絵を木版画にしたいと、工房に来られました。

高橋さんの絵は、美人画の細く綺麗な線が多いため、彫りの基本を勉強するため、練習彫りから入りました。


ワイルズ一美さん

前回紹介したワイルズ一美さんは、お家でかなり勉強して来られ、練習彫りでも難しい丸に入りました。

どの方も皆さんそうですが、どうしても力が入り、シナベニヤの柔らかい板では、1.2mmの深さを目標に小刀を入れておりますが、2mm以上深く彫り、なかなかうまく行きません。


白石さん

毎回の作品展では、佳作や奨励賞に輝いた白石さんは、先日の作品展では、あまりにも難しい作品に取り組み間に合いませんでしたが、それを置いて、年賀状に取り組むことになりました。

ご自宅で小刀を入れて来られ、教室では丸ノミに入りました。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply