作品作り

雅世さん

前回も紹介した雅代さんは、廣重の名所江戸百景の作品に取り組み、地墨(骨)線の間透きに入りました。

この地墨線は、細く細かい線が非常に多く、間透きに苦労しております。

あまりにも苦戦しているため、私が見本となる間透きを彫り進み、雅代さんにバトンタッチ!

器用な雅代さんですが、廣重のこの作品は職人でも苦労するところです。


東さん

次の作品に取り組む前に、基本の稽古彫りに励む東さんは、最後の間透きノミに入りました。

ご自宅で仕上げて来ましたが、私が見るところ、最後の詰めが甘く、修正箇所があまりにも多くあるため、最後の仕上げがなかなか進みません。


岡さん

前回に引き続き新しい作品に取り組む岡さんは、細い線の裏小刀、表小刀を丁寧に彫り進めています。


タランさん

前回の稽古彫りを早くも彫り終え、次の稽古彫りに入ったタラン君は、彫るスピードも腕前もかなり上手で、次々と稽古彫りに励んでいて、さらに次の稽古彫の作品を選ぶのに苦労してます。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply