作品作り、練習彫り

和田林さん

イギリスの田舎で年に1回、木版画教室の先生をされている和田林さんは、生徒さん達の道具を研ぐために、昨年、道具の研ぎ方の基本を勉強したいと来られました。

道具の研ぎだけではなく、今では浮世絵の彫りの基本を勉強中です。


景子さん

前回の作品展でも我が子を中心とした素敵な作品を作られ、今回も素晴らしいスケッチが描きあがりました。

しかし、私の教室では、浮世絵の伝統的な彫りを勉強したいと、山桜の堅い木に稽古彫りに励んでおります。


青島さん

第二の人生を好きな木版画で、浮世絵を彫ってみたいと来られた青島さんは、練習彫りに取り組んでおります。

仕事をやり切った方々は、つい力が入り、なかなか思うようにはいきませんが、毎日コツコツと彫り進めております。


オードリーさん

前回の作品展では、一つの作品で色々な色のバリエーションで自らの素晴らしい作品を作られたオードリーさんは、第二作目に入りました。

小刀、丸ノミ、惣合ノミ、四分ノミ、駒透きを終え、最後の間透きノミに入りました。


MPさん

海外から日本史(江戸時代の浮世絵)を勉強に来られているMPさんは、練習彫りを終え、作品作りに入り、いよいよ終盤の仕上げに入りました。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply