作品作り、練習彫り

川名さん


前回の作品作りで見事に奨励賞に輝いた川名さんの「テニス」では、彫りも素晴らしかったですが、摺りも小刷毛でぼかしを駆使し、最高の作品に仕上がりました。


IMG_0260
IMG_0261
IMG_0262
IMG_0264
IMG_0267
IMG_0268

島本さん

昨年、銀座で行われた作品展では優秀賞に輝いた島本さん。

川瀬巴水の作品の第二弾として、今年も今年もチャレンジ致しましたが、色版があまりにも多く、間に合いませんでした。

今は色分け、色注しを終え、板作りに入りました。

この板作りは、ぼかしの部分には板の節や板ムラのないものを探さないといけないので、悪戦苦闘です。

今回の巴水の作品は色版だけで20版を超えるため、難しく時間を要するため、大変な作業になっております。


岡野さん

先日の作品展では、大津絵「鬼の行水」では努力賞に輝き、観覧した皆様から、美しい色の大津絵に感嘆の声が漏れておりました。

早速次回の作品に取り組み、小刀、丸ノミ、惣合、四部ノミを終え、間透きに入りました。

 


牧山さん

私の教室に来られ、赤富士を作ってみたいと初めから難しい作品に取り組む牧山さんは、練習彫り、稽古彫りを彫り進め、やっと目標の作品に取り組むことが出来ました。

地墨(骨線)も何とか彫り上げ、色版に入りました。


栢木さん

最近来られた栢木(かやき)さんは浮世絵木版画の技術と知識を身に着けたい、そして作品を創りたいと私の教室に来られました。

他の生徒さんの彫り進める様子を真剣に眺め、自分の練習彫りでは、集中して裏小刀に入りました。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply