作品作り、彫りと摺り

木村さん


今年から来られた木村さんは、山登りが大好きで、世界の7000m級の山を制覇されてきた方です。

英語が堪能で、海外の生徒さん達と楽しく団らんしております。

いよいよ来年の年賀状に取り組み、猪の墨線(骨線)が彫り上がりました。なかなか慣れないため、当初の版下より細い線が無くなりましたが、力強い太い線は残っており、なかなか素晴らしい年賀状になりそうです。

早速、校合摺りに入り、これから色分け、色注しです。

ぼかし摺りの猪にするため、頑張って下さい。


IMG_0193
IMG_0194
IMG_0197
IMG_0198
IMG_0200

オードリーさん

先日の作品展では、素晴らしい作品を作り上げたオードリーさんは、特別賞に輝いた廣重の花鳥図「牡丹」の絵は大好評でした。

本人もやる気満々、新しい作品にチャレンジしています。

今回の作品は細い白抜きや彫り上げがあり、かなり技術を要します。柔らかい朴の木を終え、いよいよ職人と同じ、桜の木に挑戦中です。

何としても素晴らしい作品を作ってください。


川名さん

60年間木版画を続けている川名さんは、昨日の作品展では、佳作と奨励賞に輝きました。

特に、奨励賞に輝いた「テニス」では、小刷毛を駆使し、素晴らしいぼかし摺りで仕上げました。

山桜で細い線を彫り上げたため、見る人に感動を与えておりました。




木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Posted by:

Shiba

Leave a Reply