作品作り、及び練習彫り

石川さん


次々と新しいバージョンのゆうちん物語を描き上げてくる石川さんは、今度は、表紙に取り組むことになりました。中身の細かさもありますが、表紙もかなり細かく大変ですが、見事に切れ味の良い線が彫りあがってきてます。平成に入って、和綴じ本の木版画を制作するのは、石川さんが初めてではないでしょうか。出来上がりが楽しみです。


DSCF5225b
DSCF5226b

竹前さん


仕事をしながら子育てに追われ、寸暇の時間を作って木版画に取り組む姿勢は、素晴らしいものがあります。練習彫り・稽古彫りうぃ終え、初めての作品が国芳の金魚『ぼんぼん』です。山桜の堅い木に挑戦し、細い線を見事にこなしております。


DSCF5227b
DSCF5228b

三好さん


前回に続き、細かい作品に取り組んでいる三好さんは、小刀を終え最終的な間透きノミに入っております。この作品は、多色摺り木版画ですが、地墨(骨)線があまりにも細かいため、墨一色摺りでも絵になる作品です。摺りあがりが楽しみですね。


DSCF5229
DSCF5230

佐和子さん


佐和子さんは、シナベニヤの練習彫りを終え、作品作りに入ると思われましたが、原点に戻り、丸の練習彫りに取り組むことになりました。

全ての絵は丸の集合になっているため、丸の内側・外側の裏小刀・表小刀を基本に則り、忠実に彫り進めております。


DSCF5231b
DSCF5232

康嗣さん


康嗣さんも奥様と同じく、練習彫りを終え、基本の円の裏小刀・表小刀に取り組んでおります。


DSCF5234b
DSCF5235

吉成さん


フラメンコの先生と、太極拳の先生をされておられる吉成さんは、友人のトミさんの紹介で木版画を始めるようになりました。前回に続き、練習彫りに取り組んでおりますが、仕事柄姿勢があまりにも良く、観ていても美しさを感じます。


DSCF5236
DSCF5237

DSCF5238
DSCF5239

木版画って本当に楽しいですね~☆彡\(^o^)/

Leave a Reply